ホルモン剤で体重増加の可能性も!

ホルモン剤で体重が増えることってあるの?ホルモン剤でホルモンバランスを整えよう! - ホルモン剤で体重増加の可能性も!

ホルモン剤で体重増加の可能性も!

ホルモン剤を使用して、太ったという声がよく聞かれます。生理周期を整えるためや、不妊治療のため、更年期障害を和らげるためなど、ホルモン剤を利用する理由は様々です。症状を改善するために服用していても、体重がみるみる増えてしまったら、服用を続ける気がしなくなってしまいますね。治療に前向きに取り組めなくなるかもしれません。ホルモン剤を服用するとどうして太るのか、理由を知って、体重増加を抑えましょう。

必ずしも太るわけではない

女性ホルモン剤の副作用で、体重増加がささやかれていますが、必ずしも太るとは限りません。実際に体重が増えてしまった人は確かにいますが、医学的な根拠はありません。
実際に太った人数も、多くはありません。ごく一部の人の声です。ホルモン剤を服用したからといって、全ての人が必ずしも太るわけではないのです。ですが、ホルモン剤を服用してから体重が増えた、太ったと自覚する人は確かにいるようです。どうして体重が増えるのでしょうか。

ホルモン剤で体重が増える理由

ホルモン剤を利用する目的は様々ですが、生理痛や更年期障害など、辛い症状を緩和する目的で使用する場合があります。生理痛や更年期障害の症状が重いと、自然と食欲が落ちて食事量が減ります。そんな人たちがホルモン剤を利用して体調がよくなれば、食欲を取り戻し、ダイエットでリバウンドをしたような状態を起します。
体調不良によって、今まで食事量が少なめだったのが、ホルモン剤を服用することで体調がよくなり食欲がでると、エネルギー摂取量が増える上に、吸収率も良くなっているので、太るのだと考えられます。
ホルモン剤を服用する際に、ホルモンのバランスを整えるために総合的に生活を改善する人もいます。もちろん食生活も含めてです。バランスの良い食事は、品目が多くなります。間食をやめられず、摂取エネルギー量を抑えることができないのに、品目数を増やして体重を増やしてしまう人もいます。
またホルモン剤を服用するとむくみやすくなることも、太ったように感じる原因です。むくみは血行が悪くなり、体に余分な水分を溜めてしまうことで起こります。ホルモン剤による体重増加は、脂肪がついて太るのではなく、余計な水分を溜め込むことが原因のことが多いです。

体重増加を避けるためには

栄耀バランスの良い食事に改善することは大切ですが、摂取カロリーを増やさないようにすることが大切です。今まで朝食を抜いていた人が3食しっかり食べるようになれば、摂取カロリーは増えます。間食をなくしたり、高カロリーの食事を避けたりしなければ、1日の摂取カロリーは増えてしまい、太ってしまいます。
むくみ対策をしっかりと行うといいです。血流を良くすることが有効です。脚や腕などは、心臓に遠い部分からさするようにゆっくりとマッサージをしてください。足首やふくらはぎの筋肉を使う軽いエクササイズもおすすめです。
顔のむくみをとるのも、マッサージが有効です。鼻など、顔の中心からフェイスラインなど外側に向かって、トントンと肌の表面を軽くたたいていきます。血液の流れに沿ったマッサージ方法なので、血流を促すことができ、むくみを解消できます。

ホルモン剤を服用したら、体重増加を防止するための対応を

kiuoi
ホルモン剤を利用すると、体重が増加する可能性があります。ただし、全ての人が太るわけではありません。食べ過ぎ防止や、むくみ解消など、対策を行うことで体重の増加を抑えることができます。

新着情報

◆2016/08/23
ダイエット成功のために、体内のホルモンについて知ろうの情報を更新しました。
◆2016/08/23
ホルモンバランスを整える体ケアの情報を更新しました。
◆2016/08/18
ホルモン剤で体重増加の可能性も!の情報を更新しました。
◆2016/08/18
会社概要を新規投稿しました。
◆2016/08/18
美容のための女性ホルモンを増やす食事の情報を更新しました。